デスクトップPCに

先日発表された,Windows8.1プレビュー版をダウンロードして,インストールしてみました.

で,感想はというと・・・

初期画面のモダンUIも少し変わり,
Windows8では,右側にスライドさせて,アプリケーションの一覧を表示させていたのが,
Windows8.1では,画面の↓をクリックして,一覧を表示するようになりました.

でも,アプリケーションの一覧が階層型の表示でなく
すべてのアプリケーションが,画面一杯に表示されるので,探すのが大変かもw

そして,デスクトップの画面に追加された「スタートボタン」は,
アプリケーションの一覧画面に移動するためのモノみたいです・・・

WINDOWS95からWindows7までのスタートボタンとは,使い勝手が全く違います.

デスクトップに作成したアプリケーションのショートカット一覧の中から
該当するソフトを探すような使い方をすれば良いのでしょうが,
「スタートボタン」→「プログラム」→「Windowsアクセサリ」→「メモ帳」
の様にプログラムを起動していたら,
慣れるまでは,物凄く違和感があります!
#インストールしたアプリケーションの全てをデスクトップに作成するなんてwww

タブレット向けに画面を替えたようですが,デスクトップのユーザーは
フリーソフトの導入で凌ぐのが良いかもしれません.


後は、使用する人間の適応力に期待かなw

 
スポンサーサイト

書庫作成

近頃はPCネタの投稿が多いので,

「雑記帳」とは別に,コチラの「PC」書庫を追加しました.

投稿内容は変わり映えしませんがw

ヨロシクお願い申し上げます.

 

USBにインストールした

Puppy Linuxの日本語版を、最新のものに更新しました.
(Kupu-528JPから,Precise-550JPです)

528JPよりも,今回インストールした550JPの方がサイズが小さくなっています.
ボクの設定した環境だと,528JPで3G程使用していたものが,550JPだと,2Gとちょっとで済みました.
しかも,ブラウザやメーラー,そしてLibreoffice等のソフトは,
Windowsと同等の最新のものとはいかないですが,問題なく使えます.

今ボクが,HDDにインストールしているUbuntuでも,最低8Gもあれば快適らしいです.
#30Gの領域を確保したのに,現在のUbuntuでの使用料は5G程度ですってw

幸いPCは新しいものを使用していますが,LinuxをHDDにインストールすれば,
2014年4月9日にサポートを終了する,数年前のWindowsXPのPCでも,
ブラウザや,時々ワープロ・表計算のソフトを使うくらいなら,
快適に作動すると思います.
#ブラウザはInternerExplorerではなく,Firefoxや,Google Chromeになり,
#OfficeソフトのLibreOfficeは,ワープロ・表計算が,MS Officeと完全互換ではありませんがw

新しいPCは家族と共用にして、自分専用のPCでWeb巡回とかも可能ですよ!
しかも,無料のOSだしw


あっ.

その前に,使い方を覚えなきゃイケナイですねw