スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ナンバープレート

自動車ナンバー「ご当地」拡大へ 国交省、来夏に方針
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/328864.html

 国土交通省は、自動車のナンバープレートの形や表示内容を抜本的に見直す。新たな色の採用や、欧州に多い横長デザインの導入などについて有識者会議で議論し、来夏をめどに方針をまとめる。観光振興などを目的に自治体が地名表示を独自に決める「ご当地ナンバー」は、登録自動車台数などの条件緩和を検討する。

 ご当地ナンバーは2006年度に始まり、「仙台」(宮城県)、「富士山」(山梨、静岡県)など19地域で認められているほか、「平泉」(岩手県)、「前橋」(群馬県)などが採用を希望している。国交省は経済効果などを検証した上で「域内の車両登録台数が10万台以上」などの条件を緩め、対象地域を広げる考えだ。

 ご当地ナンバーは、同じ地名表示区域の一部だけ、希望する別の地名表示にする制度。道内では例がない。<北海道新聞10月31日朝刊掲載>


山梨県では既に南では,山梨・静岡の「富士山」ナンバーがあるので,
北で,山梨・長野で「八ヶ岳」ナンバーが出来たりしてw

あと東に「雁坂」か「大菩薩」,西では「南アルプス」.
は,ちと無理があるかwww
#「ご当地」には山しか無い・・・


原付のナンバープレートも韮崎市ではご当地ナンバーで面白いのが出て来たし.

スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://kenken2014.blog.fc2.com/tb.php/109-546b26d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。