スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

FIA,2010年からの予算制限を正式発表

 現地時間(以下、現地時間)4月30日、FIA(国際自動車連盟)は2010年からバジェットキャップ(予算制限)を導入すると正式に発表した。しかし義務ではないため、F1は二面性のチャンピオンシップになる可能性も出てきた。同日、『ロイター』通信が報じている。

 今回の発表では、年間4,000万ポンド(約58億4,500万円)のバジェットキャップという選択肢が設けられた。バジェットキャップを選んだチームには、技術的な自由度が与えられる。この金額は当初言われていたものよりも1,000万ポンド増額されているが、一部のチームにとっては従来の4分の1の予算にすぎない。マーケティングやホスピタリティ、ドライバーの給料、さらに罰金やペナルティなどの費用は予算制限に含まれない。

Yahooニュースより,記事の一部を抜粋です.
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090501-00000111-ism-moto


少し前のニュースですが,FIAはどしちゃったの??

しかも来季のエントリーおよび経費制限を受け入れるかについての申請期限を,
今月29日までとしているんですと.
#今年限りでF1やめてしまいたいのかな?

やはりトヨタとレッドブル,そしてフェラーリ(BMWも?)が,
この経費制限策に変更がなければ今季限りでF1から撤退を検討しているそうです.

予算削減といっておきながら,
毎年のレギュレーション変更で逆に開発費が異常にかかってるのが現状なのに・・・
#やってられませんよねw



もうね,

撤退したメーカーが新しいアソシエーションの元で,
レースを始めたら,そっちの方が面白いかもw

スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://kenken2014.blog.fc2.com/tb.php/356-58de64d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。