スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

進化する安全カミソリ

多くのビジネスパーソンにとって気になるのが、日々の身だしなみ。特に男性のヒゲそりは、
毎日欠かせない朝の儀式である。ヒゲそりといえば、電気シェーバーを使っている人も多いだろうが、
今回は安全カミソリに注目した。安全カミソリが、今すごいことになっているからだ。例えば刃の数。
2枚刃が普通だったのは、遠い昔の話で、今や4枚刃、5枚刃のカミソリが登場している。
さらに、ヒゲやまゆ毛を整えるトリマー付きの機種まである。
かつて、銭湯や旅館で目にした1枚刃のT字カミソリから比べると隔世の感がある。

そこで疑問に思うのが、ヒゲ剃りの刃は何枚も必要なのかということ。
国産メーカーで唯一5枚刃カミソリを発売している貝印の広報室に聞いてみた。

「多枚刃の利点は二つあります。一つは、刃の枚数が増えると深ぞりができるからストロークが減ること。
もう一つは、深剃りできるのに刃1枚にかかる力が分散されるので当たりがソフトになること。
欠点は刃の枚数が多くなるとヘッドが大きくなるので鼻の下など細かい箇所がそりづらくなることです」

多枚刃の深ぞりの仕組みはこうだ。肌に当ててカミソリのヘッドを動かすと、まず1枚目の刃が最初のヒゲをそる。
その後ヘッドが進行方向に肌を押すことで、最初にそられたヒゲの根本の部分が表皮上に引き出される。
引き出されたヒゲは、再び毛穴に戻る前に2枚目の刃によりカット。さらに3枚目、4枚目、5枚目が、
同じように残ったヒゲをそっていくことで、一度でそれる量が多くなる。

1998年、貝印が世界で初めての3枚刃の替刃式カミソリを発売して以来、
多枚刃の時代に突入したといわれている。今後さらに枚数が増えることはあるのだろうか。

「1枚1枚の間隔が必要なのでヘッドは大きくなりますが、さらに枚数を増やすことは技術的には可能です。
ただ3枚刃でもヒゲの97.8%がそれています。残りのヒゲをそるのには4枚刃、5枚刃が必要ですが、
使い勝手のことを考えると、今のところ、これ以上必要ないと思います」


日経トレンディネットより,記事の一部を抜粋です.
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20090408/1025344/?P=1


なんだか安全カミソリが凄いコトになってるようですwww

や,日常では毎晩入浴時に使い捨ての二枚刃カミソリを使用してて,
夏場などはチト伸び気味かなと思うので,翌朝の電動シェーバーの導入を検討してるのですが...

安全カミソリにホントに4枚も5枚も刃が要るのかな??
#どんだけ見た目を気にしてるんだwww

グレて髭を伸ばしてくれようかw

スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://kenken2014.blog.fc2.com/tb.php/358-b0ed3a3b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。